背中(胸椎)の外科

ホーム背中(胸椎)の外科

背中(胸椎)の外科の特長

痛みを感じたら
お気軽に受診ください

胸椎は肩甲骨の辺りから、腰の上まで広範囲に渡ります。背中に関する疾患には、胸椎症(きょうついしょう)、胸椎圧迫骨折(骨粗鬆症によるものも)などがあります。腫瘍(転移性・原発性)がみとめられる場合もあります。また背中の痛みの中には内科系疾患(心臓や大動脈など)による場合もありますので、原因をはっきりさせるためにもお気軽に当センターを受診ください。

主な疾患

  • 胸椎後縦靱帯
    骨化症
  • 胸椎黄色靱帯
    骨化症
  • 胸椎椎間板
    ヘルニア
  • 椎体骨折
    (圧迫骨折など)
  • 脊柱変形
    (側弯症など)
  • 強直性脊椎炎
  • 脊髄腫瘍

主な疾患と治療方法

成人脊柱変形

成人の女性に多い疾患です

成人脊柱変形には小児期からの側彎症などが残ってさらに悪化したものや、年をとるにつれて使い減りや圧迫骨折などにより背骨の配列が悪くなったものなどがあります。とくに高齢者では腰が曲がって体が前倒れしている方が多いです。

主な症状
  • 曲がり
  • 背中・腰の痛み
  • 下肢の痛み
  • せぼねの曲がり
  • 腰の痛み
  • 背中の痛み
  • 下肢の痛み
  • 長く立っていられない
  • 長く歩けない
  • 背骨の曲がりによる
    逆流性食道炎
  • 背骨の曲がりによる
    便秘

症状として多いのはやはり「痛み」です。バランス悪化による腰痛や背部痛、腰部の神経の圧迫による下肢の痛みなどを伴います。そのために長く立っていられない・歩けないという方が多くいらっしゃいます。家事をしているとき流し台に肘をついてしまう方もいます。また腰曲がりの強い方は、腹部が圧迫されて逆流性食道炎や便秘などをきたすことも多いです。さらに腰曲がりにより着られる洋服も制限され、いわゆる「年寄りくさい」と感じて外出をためらうようになってしまう方もいらっしゃいます。なんとかしたいが諦めてしまっている方、医者にかかったけど「諦めるように言われた」という方もいらっしゃいます。

主な治療法
  • 薬物治療
  • 装具療法
  • 手術治療
成人脊柱変形の治療を
専門的に行い
多くの症例と経験があります

治療には、薬による痛みの軽減や、筋力強化による姿勢の維持などがありますが、やはり限界があります。コルセットなどの装具療法もありますが、実際には苦しくて着けていられないというのが実情です。そこでやはり手術が必要になるかたが多くなりますが、成人脊柱変形に対する手術は比較的大きなものになることもあり不安も大きいと思います。そのためわれわれは、なるべく少ない範囲で矯正でき体に対する侵襲が少なくなるよう、かつ、良い状態が長期間保たれるように術前からしっかり評価して術式を選択・決定しています。

  • イメージ

    術前

  • イメージ

    術後

患者さんの疾患の状態により
治療内容や術後の経過は変わります。
脊椎脊髄専門医が正確な診断の上、
適切な治療をご提案いたします。

不安に寄り添い、
チームで患者さんを支えます

安全性を高めるために術中出血量を極力減らし、神経の障害を防ぐために術中脊髄モニタリングなどの対策をとっています。もちろん技術的にも日々研鑽し、新しい技術も有効と判断すればどんどん取り入れています。そしてなによりもまず、患者さんやご家族のかたと術前から十分お話しをして理解を深めていただき、手術の選択から術後のリハビリまで通して、一緒に乗り越えていけるよう心がけております。いろいろ不安に思われることもあると思いますが、どんな小さなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。

側弯症の専門的治療についてはこちら

外来診療の
予約について

当センターは
完全予約制となります。
お電話にてご予約ください。

群馬脊椎脊髄病センターでは、患者さんお一人お一人のお悩みをしっかりと伺い診療を行うため、完全予約制となっております。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

TEL:027-343-8000

電話予約受付時間
月〜金曜日 午後3:00〜午後6:00 ※祝日を除く
診療時間
平 日/午前8:30〜午前11:30
水曜日/午後2:00〜午後 4:30
土曜日/午前8:30〜午前11:30
診療時間
午前(8:00〜11:30) × ×
午後(2:00〜4:30) × × × × ×

※土曜日は午前11:30まで

休診日
日曜日、祝日、土曜日午後
年末年始(12月30日〜1月3日)

外来のご案内